2009年11月03日

ホームセンター漫画!「ホームセンターてんこ」



「とろける鉄工所」をしらべてたら、アマゾンに薦められた漫画。
うーん、たしかにジャンルが似てるといやあ似てるけど、
かなり雰囲気が違うぞい。ま、結局買って読んだわけだけど。
月刊少年マガジン増刊GREATとか、マガジン・イーノ に連載されているものらしい。
テーマがこんなんだから、ちょっと古い漫画かと思ったら、現在進行形!
まあ、軽い蘊蓄系漫画の体裁で、DIYを実際にやってる人たちからすれば、
基本的な道具にみんな「おお!」とか言ってるんだけど、普通の読者は
アンカーボルトとかジグソーとか使ったことないだろうから、それはそれでいいのか、

むしろ、プラモのモコちゃんみたいに、ホームセンターとかに置いといてほしいなあ。
ジョイフルホンダとかのマスコットキャラにでもなればいいのに、と思う。

工学系ちょっと渋めの人には、やはり、とろける鉄工所。オススメです。







posted by たかばる at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

オモシロ雑貨 CIRCUS MAX10月号増刊

この雑誌ははなかなかおもしろいッス。
どーでもいいものしか掲載されてませんが、よくこれだけ集めたな、ってかんじです。
比較的おとなしめですが文具も色々載ってます。

posted by たかばる at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

鋼の錬金術師 気になったページ

IMG_0531


最近、職場の同僚から借りて、今更鋼の錬金術師を読み進んでいます。昔10巻ぐらいでストップして以来しばらく放置していたんですが。

とても面白いのですが、一度に何冊も借りると睡眠不足になるので、一回に借りるのは1冊までにています(笑)。



んで、気になったところ>
posted by たかばる at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

山田商店街

IMG_0132


架空の商店街「山田商店街」のお店や行事について書かれています。
なんと表現したらよいのかわかりませんが、
小説だからできる遊びみたいな本。



posted by たかばる at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

と学会年鑑

P4100008


と学会、というのは、おくづけによると、『トンデモ本「作者の意図とは別の意味で楽しめる本」を元とする各種トンデモアイテムをこよなく愛し、日々その収集・観察・批評にいそしむ同好の士の集まり』

私もその名は知ってはいましたが、その例会でイロブンのきだてさんが、色物文具について、報告をしており、そのレポートが掲載されています。しかし・・表紙や目次のイラストが、どう見ても影響されてる(笑)。




posted by たかばる at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

最近面白かった漫画

P3305491



最近ストレスのせいか、つい漫画をまとめ買いして読んでしまう駄目な自分。で、ちょっとおもしろかったのがこれ。「とろける鉄工所」

主人公が溶接工という地味な設定なのだが、話のディティールが妙にリアル。ちょっとやそっとの取材じゃこんなふうには描けないように思うが、この作者は溶接工経験者か??機械工学出身の私にとっては、妙に懐かしい雰囲気さえして泣けてくる。


続きを読む
posted by たかばる at 02:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

小学5年生 2007年10月号

IMG_2757_2.JPG他故さんより教えていただきました。小学五年生 10月号ですが、左上を見てください!文具天国【モーレツ取材編】ですよ!ということはモーレツに文具を取材をしてるんですよ!どこでってそりゃISOTじゃないですか!こりゃ読まねば!と、またもやアマゾンプライムお急ぎ便のワンクリックボタンを押しちゃいました。(最近アマゾン購入頻度があまりに高く、しかも受け取り場所が会社のため、私のデスクの周りには、ナイキに似てるような似てないようなにやけたマークの段ボールが山積みだ!)


IMG_2759_2.JPG

そにけん(文具天国の作者)と黒田さん(HBの鉛筆)がISOTで文具祭り!ときた!こんなものを小学五年生が読んでるなんて・・・20年前には考えられんかったなあ・・等と年寄り臭いことを言いつつ開いてみると!驚愕の事実が!!

・・・・って、まあ、ほとんど各ブースでプレゼントもらいまくりの、たしかに「お祭り企画」でした(笑)。まあ、小学五年生ですからね(^_^;)。しかし、モーレツ特集なのにページ数少ないぞ!


文具天国に文九郎が!
ケシカス君
posted by たかばる at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

提供 明和電機

20070420064829s.jpgタイトル 提供 明和電機
推薦度 ☆☆
アーティスト 明和電機
定 価 1456円(税抜)
発行日 1996/01/20
発行所 ソニーミュージックエンターテインメント
購入はこちら

20070420065003s.jpg数日前の日記で紹介した「ピタゴラ装置DVDブック2」でちょっとだけ触れた明和電機のCDです。
ディスクそのものが全円の分度器になっていて角度が測れる(本当はセンター十字がないから計れないんだけど)様になっています。ケースを開けた時の驚きは今でも忘れられませんねえ、

そういえばこのディスクを買ったのはもう、かれこれ10年以上も前の話、明和電機、今はどうしてるんだろう・・彼らが登場した時のヤラレタ感は相当なもんでした。当時はファンクラブにあたる「明和電機協同組合」の組合員だったなあ・・
posted by たかばる at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

ピタゴラ装置DVDブック2

pitagora.jpg書 名 ピタゴラ装置 DVDブックA
推薦度 ☆☆☆☆☆
著 者 ピタゴラ装置制作チーム ?
定 価 2800円(税抜)
発行日 2007/04/18
発行所 小学館
購入はこちら
ISBN4-09-480311-4

ピタゴラ装置DVD第2弾!!

前回の第1弾もかなり楽しめたが、今回は、本の方の内容が断然向上している!それぞれの装置の仕組みがわかりやすく図解され、本編では隠れて見えない部分や、一瞬で何が起こったのかよくわからないようなところもちゃんとわかるようになっている。コンセプトの説明も明瞭になっている。
横長の折り込みページには、歌付きの長編ピタゴラ装置41番の全体図と、その裏には『ピタゴラ装置41番のうた』の楽譜と歌詞が!・・って利用方法はないけど(笑)。

しかしこのDVDディスクのレーベル面のデザインはどこかで見たことが・・・あ!これは明和電気の社歌が入ってるCD「提供 明和電機」と同じだ!!
気になる人は両方買って開けてみよう(笑)
posted by たかばる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

数学的にありえない

4163253106.01._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg書 名 数学的にありえない
推薦度 ☆☆☆☆☆
著 者 アダムファウアー
訳 者 矢口誠
定 価 2200円(税込)上・下
発行日 2006/08
発行所 文藝春秋
ISBN4-06-202071-8
数学的にありえない(上)
数学的にありえない(下)


どんな本?って聞かれて、すごくおおざっぱに答えると理系ネタのダ・ヴィンチ・コード・・とでもいおうか、
ダ・ヴィンチ・コードが、宗教・芸術・暗号、などの雑学てんこ盛りだったのに対し、この話は、統計学・物理学・医学の雑学満載のサスペンスだ。統計や量子力学などが持つトリッキーな部分を普通の人にも取っつきやすく解説しつつ「ありえない」ストーリーを展開していく。正直、若干の無理は感じるが、知的な仕掛けの好きな人にとっては、かなり楽しめる話だと思う。上下巻は重いが、スピード感があるので、一気に読める!

☆ちっちゃいことだが、
邦題は「数学的にありえない」だが、原題は「improbable」で、「起こりそうもない」という意味。probabilityが、確率だから、「確率的に起こりそうもない」ということであって、ストーリーの中でも、一見improbableと思われるようなことが、じつはprobableだったりすることが重要な意味を持つ。「数学的に」ありえないことのはなしではないので、ちょっとこの邦題は誤解を招くと思う。 ま、こっちの方が興味をそそるタイトルだけどね。
posted by たかばる at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

おとなのおりがみ

463549003.jpg書 名 おとなのおりがみ
推薦度 ☆☆☆
著 者 アル中Masa
定 価 1000円(税抜)
発行日 2006/11
発行所 山と渓谷社
Amazonならここで買えます
ISBN

お札を使った折り紙の本。お札をただ使うのではなく、お札に印刷されている模様を利用し、かつ、作品名がダジャレになっているというところまでできているところがエライ。

ものすごくテキトーにユルい説明図なので、折り紙の心得のない人にとっては、少し難しいものが多いように思う。お札の紙質もあってきれいに折るのはかなり難しい。
しかも、基本的には新札から折らないと、折り目がわかんなくなったりするので注意が必要だ。せっかく披露しようと思ったときに新札がないことは多い。(かといって、財布の中の札が新札のやつって、なんかうさんくさいので、折角のネタが逆効果になる可能性がある。)

自宅でしっかり練習しておいて、たまたま手持ちぶさたなときにこともなげに折って見せなくてはならない。周囲の人間が待ってくれるのは、長くても1分。それ以上かかったら、「勝手にやってろ」って感じで会話の外に追い出される。しかも、相手が見たことがあったら効果は半減。この本、すでにかなり有名になっているようなので、出しどころには注意したい。こういうネタは、今はあえて封印しておいて、5年後ぐらいに折るのが良いかもしれない。そのときにお札の柄が変わってなければの話だが・・・
posted by たかばる at 21:42| Comment(3) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

変体少女文字の研究

書 名 変体少女文字の研究
推薦度 ☆☆
著 者 山根一眞
定 価 1000円(税抜)
発行日 1986/02/05
発行所 講談社
ハードカバー(中古)
文庫(中古)
ISBN4-06-202071-8

「変態」ではない。「変体」。
山根一眞氏の代表作のひとつ。改めて読み直した。
当時、マンガ文字などと呼ばれた丸文字は、日本語の横書き用の文字として道具・文化・教育、すべてが絡み合って女性によって必然的に生み出されたものだという研究論文。

文具と文具を取り巻く環境が、文字の形態や文章の変化において、重要な役割を担ってきたということも、山根氏独特の調査、分析によって明らかにされていく。たいていの文具論は、オトナの個人的コダワリ的なところで話が終わっていて、文具と文化について、きちんと考察されている研究って、本当に少ないんじゃないかと思う。特に、道具としての文房具の変化が、人々に与えた影響をここまで広範囲に調査し、考察したものは、とても貴重だ。

この研究は、20年も前のものだが、オトナが「不真面目な学生のくだらない流行」として理解しようとしない出来事の中に、文化にとって本質的なの変化を示す兆候が含まれている可能性を丹念に考察することの重要性は、今も変わらない。(この時はファンシー紙製品やシャープペンシルが、重要な役割を果たしたが、今、新しいデバイスとして登場したケータイメールやブログなどが文章に影響を与えているのは間違いないと思う。)

私は人の思考を表現するだけでなく思考にまで影響を及ぼす入出力デバイスとしての文房具と人との本質的な関わりに興味がある。その興味に対する考察の方法の一つとして、とても参考になる重要な論文。

☆が少ないのは、誰にでもお勧めはしないということ。ある種の興味がない人にとっては「どうでもいいことに対するめんどくさい考察」かもしれないが、興味がある人にとっては、20年経った今でも必須の資料である。
posted by たかばる at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

ピタゴラ装置 DVDブック@

B000HOL7HY.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V40658308_.jpg書 名 ピタゴラ装置 DVDブック@
推薦度 ☆☆☆☆☆
著 者 ピタゴラ装置制作チーム ?
定 価 2800円(税抜)
発行日 2006/12/20
発行所 小学館
amazonならここで買えます
ISBN4-09-480311-4
待ってました!やっとでました!ピタゴラDVD
じつは、ピタゴラ装置を切り出すために、ピタゴラスイッチをかなり録画してるんですが、手間がかかって仕方がないので、結局、積み上がるばかり。こういう風にして美味しいところだけを見たかったんです!!なんか、カニ鍋の足に詰まっている身をチマチマと掘り出しているところに、ほぐした実がどっさり乗ったどんぶりが出てきた感じです。

しかし、欲張りな私としては、装置No.が全部揃ってないのがくやしい!!是非これはコンプリートしたいものです。誰かそんなのをほんとにやってる暇なヤツいないかなあ・・ きっとネットのどこかにはいるんだろうなあ・・
posted by たかばる at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

ボールペンとえんぴつのこと

20061119230621s.jpg書 名 ボールペンとえんぴつのこと
推薦度 ☆☆☆☆
著 者 宇井野 京子
定 価 1500円(税抜)
発行日 2006/11/01
発行所 気楽舎
アマゾンではここで買えます
ISBN4-907818083-1

銀座の路地にある小さなボールペンと鉛筆の店「五十音」。その店のオーナー、宇井野さんが語るボールペンとえんぴつのこと。
機能や歴史、効率的な使いこなしのHOW-TOなんかについてはなーんにも書かれていない。かといってブランドがどうのっていう話でもない。
彼女は、ただボールペンや鉛筆が好きのようだ。普通、文房具が好きで、お店を出すくらいなら、もっと色々細かいところに詳しいんじゃないかと思うが、そんなことにはお構いなしの宇井野さんのお話を聞くと、私は記憶の深い部分に沈んでいく感じだ。

文房具は面白い。私のように「道具」としての在り方を考えるものがいれば、「イロモノ」にエンターテイメントを見いだす人もいる。人によってファッションアイテムであったり、自己啓発ツールであったり、楽しみ方の幅がものすごく広いのも、文房具というものの奥の深さだと私は思う。大人になって文房具好きを自称する人を何人も知っているが、私も含むそれらの人の記憶をたどると、どこかにきっと、彼女と同じような経験や感情があったのではないだろうかと思う。

情報過多な流れの中で、抗うでも流されるでもなく、飄々と子供の頃からの「好き」という思いを何でもないように見せてくれる宇井野さんとそのお店「五十音」は、文房具ファンにとってもなんだかほっとする部分だったりするのかもしれません。

あ、そういう訳なので、文具の本だと思って買うとがっかりするかもしれません。ご注意を(笑)
posted by たかばる at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

養老孟司のデジタル昆虫図鑑

書 名 養老孟のデジタル昆虫図鑑
推薦度 ☆☆☆
著 者 養老孟司
定 価 1200円(税抜)
発行日 2006/07/10
発行所 日経BP社
Amazonならここで買えます
ISBN4-8222-4527-6
情報機器の使いこなし等では有名な山根一眞氏が、DIMEの連載で紹介していたスキャナを使った昆虫など立体物の撮影法を、養老孟司氏に紹介したことから始まるスキャンによる昆虫図鑑作成。と言ってもこの本は、図鑑というよりはやはりエッセイ。全体的には、昆虫そのものの話にはそれほど興味のない自分だが、科学と博物学に関する彼の思想がわかりやすく書かれているところは、やはり養老孟司の本だ。

スキャナは解像度が恐ろしく高く、被写界深度が深いので、数ミリから数センチ程度の小さな昆虫を、家庭用スキャナでスキャンして拡大すると、ポスターサイズでも見劣りしないほどの高精細な画像が簡単にとれる。もともとエプソンの広告として連載されていた部分が大半を占めているため、エプソン自慢の複合機によるスキャンからはじまり、プリントから、巨大ポスターサイズのプリント、プロジェクターによる投影、ビューワーでの保存と移動など、エプソンの技術自慢なところもあるが、身近にある超ハイテクツールを、どうやって使うか、というところで、単に写真や雑誌のような平面のモノをスキャンするのではなく、道具の本質として新たな使い方を提案しているあたりは、画期的な広告だと思う。

将来的にはこの技法で本当の昆虫図鑑ができても不思議ではないと思う。
願わくば、そのスキャンしたデータがCD-R等で添付されてたりすれば最高なのだが・・その点については、書籍という古いメディアの枠に収まってしまっているところが、残念かもしれない。ま、HOW-TO本ではないから、それはそれでいいのかな。

読み物としても写真集としても少し中途半端で物足りない感は否定できないが、フルカラーのわりに安いので、ま、よしとしよう。
posted by たかばる at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

デス・ノート

DEATH NOTE.jpgいまさら、かもしれないが、デス・ノートを読み始めた。映画のおかげでどこの本屋にもあるが、欲しい巻が売り切れてたりしてぼちぼち進行中。

死神が持つという名前を書くだけで書かれた人が死んじゃう「死のノート」を手に入れてしまって、世界の神になろうとする天才青年の話。

映画は見ていないのでそっちはわからないが、最初から漫画と割り切るとなかなかおもしろい。目つきの怖い天才少年がなんぼでも出てくるのもすごいのだが、このノート、後からわかる「使用上の注意」ってか、ルールがいろいろあって、やられたら死ぬパズルゲームみたいな感じ。

見てからプロットがどうのとか言うのは簡単だが、こういうおもしろい設定を考えてちゃんと作品にしている原作者エライ!と私は思うのです。

どうでもいいことだが、英語なら、「DEATH・NOTE」ではなく「DEATH・NOTEBOOK」だ。NOTEだけだと、覚え書き、とかの意味で、帳面にはならない。なんか、名前からして日本的だ。ノートのサイズも、見る限りでは日本人に使いやすいB5、罫線もわりと細いからA罫かB罫だろう。ページは無くならないと書かれているが、わりと薄い、30枚ぐらいのかがり綴じ製本だ。これ、アメリカ人が思いついてたら「デス・リーガルパッド」とかになってたんだろうか?と、どうでもいいことばかり考えてしまう。
posted by たかばる at 19:33| Comment(6) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

文九郎が!

060620_124549s.jpg書 名 文具天国【黒田の逆襲】
推薦度 ☆☆☆☆
著 者 そにしけんじ
定 価 486円(税抜)
発行日 2006/06/25
発行所 小学館
ISBN4-09-140160-0
amazonならここで買えます
060620_124300s.jpg
意外におもしろい文房具ギャグマンガ 文具天国 の第2巻。
読むまで知らなかったのだが、なんと文九郎(2代目)も登場している!!
勝手にうれしいので紹介です!

posted by たかばる at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

ダヴィンチの謎を追え!

davinch2.jpg書 名 レオナルド・ダ・ヴィンチが遺した宝物
推薦度 ☆☆☆☆☆
著 者 マシュー・ランドルズ
訳 者 春宮真理子
定 価 5040円(税込)
発行日 2006/05/027
発行所 トランスワールドジャパン
購入店 アシストオン
ISBN4-925112-70-8
アマゾンならここで買えます

ダヴィンチの謎に迫るならこれだ!
飛び出す絵本にも似ているが、これは飛び出すのではなく、レプリカ本。至る所にあるポケットには30点にも及ぶダヴィンチの遺した手稿や書簡などのレプリカ(印刷物だが、裏移りした紙の裏面やシミまで再現している。)が差し込まれている。普通のページでなく取り出してさわれるワクワク感がたくさん詰まっている! たのしー! このクオリティーならこの価格も納得。っていうか安いんじゃないの?
近いうちに付録のレプリカの写真載っけます〜。

あ、「ダヴィンチコード」とは全然関係ありませんので、悪しからず。
posted by たかばる at 01:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

最強の文具ヒーロー参上!

20060423180904s.jpg書 名 まかせて!文具仮面 1巻
推薦度 ☆☆☆☆☆
著 者 藤村阿智
定 価 300円
発行日 2006/02/19(初版)
発行所 藤村阿智手作り(インクジェット印刷32頁)
http://www.melp.nu/
http://www.blackstrawberry.net/

このページでもいくつか文具漫画を紹介してきたが、私的にはイチオシだ!
困ったことがおこると、どこからともなく現れ、ステキな文具や、便利な使い方を教えてくれる。文具仮面!ありがたがられているのかどうなのか、なんだか唐突なヒーロー、文具仮面・・・うーん、なんか他人事とは思えない設定。耳が開いてクリップやテープが出てきたり、体中に文房具が隠されている所などどことなく文九郎にも似たギミックを持っているところもみのがせないぞ!

鋏が得意な女文具仮面「シェーレ」や、子供相手に大人気なく万年筆を勧める「文具紳士」なども登場する短編集31ページ。文具を擬人化した漫画は多いが、正体を隠し、文具を真正面から勧めるヒーローはあまりいない。登場は派手だが救い方は地味な文具仮面!すごいぞ文具仮面!(ほんとにほめてんのか?!)

このコメントを読んでも全く意味不明だと思うが、興味を持った方はぜひ!リンクのページをたどってくれたまえ!(送料の方が高いかもしれないが取り寄せて読もう! でも手作りだから到着までは気長に待ってあげてね!)
文具仮面がいつか出版社からメジャーデビューすることを文具王も心から応援しているぞ!
みんな!応援してやってくれ!
posted by たかばる at 22:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛び出しすぎ!

20060423181644s.jpg書 名 Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs(恐竜)
    Encyclopedia Prehistorica Sharks and Other Sea Monsters(鮫と海の怪物)
推薦度 ☆☆☆☆☆
著 者 Robert Sabuda (著), Matthew Reinhart (著)
定 価 2962円(税込)
発行日 2005/2006
Amazonで購入

20060423181904s.jpg20060423182034s.jpg20060423183851s.jpg

工作好きとしては飛び出す絵本はもともと好きだが、本の枠を飛び出し、これほどまでに自由に飛び出す絵本を見たのははじめてだ。ポップアップはそれぞれ6つの見開きだが、さらにその頁の左右には小さな扉がいくつもついていて、それも開くとすべてポップアップになっている。ギミックもそれぞれに異なり、開く角度によって動くものや、大きく立ち上がるもの等様々、扉を開くと、こちらに向かって巨大な口を開く恐竜や鮫の頭部のボリューム感と迫力は、もはや子供のための絵本の枠を超え、大人でも充分驚けるデキだ。しかも、これだけの凝った作りでありながら1冊3000円を切るプライス!!これはどう考えても安い!2冊まとめて即買いだ!

20060423183059s.jpg20060423183247s.jpg20060423182825s.jpg20060423182602s.jpg

昨年恐竜が発売されてすぐに購入し、見せびらかしていたのだが、先日鮫が発売されてこれまたすぐに購入!恐竜の方は有隣堂で日本語版も売ってるようなので、どこかで翻訳もしてるらしい。プレゼントなどにもいかがかな?
posted by たかばる at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。